見出し画像

⚽【速報】第102回全国高校サッカー選手権大会2回戦

12月31日(日)大晦日、14:10キックオフ。
この日は、第102回全国高等学校サッカー選手権大会2回戦が行われました。岩手県代表である遠高サッカー部は、埼玉スタジアム2002にて熊本県代表の熊本県立大津高校と対戦しました。

3大会連続20回目の出場となる大津高校は、サッカーの強豪校であり、昨年の選手権大会でベスト4、一昨年は準優勝を果たしています。
敵に不足なし。試合前のインタビューで「どれだけ自分の力が通用するか挑戦したいです」と言っていた遠高サッカー部員がいました。


試合開始です。

⚽応援部隊出発!

本校の応援部隊は、遠野高校を試合当日(12月31日)早朝5時45分に出発。下の画像の通り、辺り一面真っ暗闇でした。雪が無いのが幸いです。

道の駅遠野風の丘でトイレ休憩して、出発。

水沢ICから高速に乗り、長者原、安達太良、大谷各SAで適宜休憩を取りながら、埼玉スタジアム2002へ向かいました。

安達太良SAで休憩。

応援部隊が埼玉スタジアム2002に到着しました。

埼玉スタジアム2002南門。
応援団の入場口はこちらではなく、
反対側北門です。

既に、遠野高校の幟を掲げたサッカー部員が北門入場口で待機していました。遠高ブルーが眩しい。

サッカー部の応援団。気合入ってます。
応援部隊にチケットを配付します。
「遠路遥々ご苦労様。チケットを配るよ~再入場不可だからね~」

⚽試合開始!前半‼

遠高スターティング11がオーロラビジョンに映しだされました。

遠高にとって30回目の全国高校選手権。
この大舞台で今日も戦います。
オーロラビジョンに、
選手達の雄姿が映しだされました。

試合が始まりました。

本校のフィールダーは、
グリーンのユニフォーム。
(ゴールキーパーはイエロー

前半8分、大津高校の7番古川大地選手のシュートが、本校ディフェンダーに当たって軌道を変え、ゴールに吸い込まれました。

大津高校の先制ゴール。

遠高は、これにより大津高校に先制を許してしまいます。

しかし、得点されてからの遠高は、堅守と、持ち味を生かした攻撃を展開しました。遠高は前半は短いパスを的確に使い、またバックラインも、高目に出来ていました。

ゴールを守り抜きます。

⚽遠高怒濤の攻撃!後半‼

遠高らしいプレーの展開に、大津高校は初戦という固さがあるのか、次第にボールを回せなくなります。

攻めます!

セットプレイの場面では、大津高校より身長で劣る遠高は、トリッキーなプレイや、ショートコーナー等、攻撃に様々な工夫を加えて大津高校を翻弄します。

セットプレイで仕掛けます。

10番昆野翔太選手が、右サイドを上がり3人に囲まれましたが、上手にキープしコーナーキックをとるなど素晴らしいプレーが見られました。

頑張れー!

当たり前ではあるかもしれない、ひたすらにボールを追いかける選手の姿に、応援団も固唾を飲んで勝負の行方を見守りました。

テレビカメラも応援席を撮影しています。

応援に力が入り、シュートが外れる度に絶叫。『頑張れ!』、『これから!』という声がたくさん聞こえてきました。

大津高校の堅守も光ります。

本当に、遠高も得点出来ていたら、どんな結果になっていたか分からないこの名勝負。

試合が終わりました。

残念ながら、この勝負、大津高校に0対1で惜敗しました。

悔しさを滲ませる遠野イレブン

堅守速攻の持ち味を発揮した遠高イレブン東北大会覇者の実力とプライドを存分に見せてくれた素晴らしい試合でした

試合結果。

今回の大会に際しまして、遠野高校同窓会様、遠野高校サッカー部父母会様、遠野PTA様、遠野市役所様、そして遠野市の皆様から多大なるご支援を賜り誠にありがとうございます。
これからも遠野高校サッカー部をよろしくお願いいたします。

来年も来ようね。うん、絶対。

    第102回全国高等学校サッカー選手権大会
2回戦  遠野0-1熊本県立大津高校
  (岩手県代表)  (熊本県代表)



この記事が参加している募集

#サッカーを語ろう

10,836件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までご覧いただきありがとうございます。本校の公式ホームページを見る際は、下の画像をクリックしてくださいね。