見出し画像

遠野🌸さくら祭り

本日は、令和5年4月29日土曜日。
ここ遠野では、『さくら祭り』まつりが開催され、市街地では、南部氏遠野入部行列が行われました🎵。

南部氏遠野入部行列とは・・・盛岡藩初代藩主南部利直公が、一族の八戸根城南部氏に、八戸(現在の青森県八戸市)から遠野への移封を命じました。この移封は「藩境を接している伊達氏に対する警護の任にあたること」を理由としていました。
そのため、八戸根城南部氏22代当主南部直義公と義母の清心尼が、寛永4(1627)年、遠野に入部しましたが、南部氏遠野入部行列とは、この時の行列を再現したものです。

担ぎ手は本校のサッカー部員です。
子どもが乗っていますので、優しく担いでいます。

14世紀から続く南部氏の歴史はなかなか複雑ですので、ここでの説明は省略します。ただ、青森県からの視点で見た南部氏の歴史については、以下をご覧ください。

なお、以前『おんな城主直虎』というNHKの大河ドラマがありましたが、この清心尼も遠野南部21代目当主、封建時代には稀な女性当主で、遠野の家臣や領民に慕われた方です。
あらゆる苦難を持ち前の知恵と機転のよさ乗り越え、領民を治める様子は、小説のモデルにもなっています。







みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までご覧いただきありがとうございます。本校の公式ホームページを見る際は、下の画像をクリックしてくださいね。